« NO 87 製作中の鉢、13代柿右衛門睦揃、萩焼坂高麗左衛門徳利、ラベンダー氏の蘭の花 | トップページ | NO 89  刷毛目筆立、茶碗、夏盃、ラベンダー氏の蘭の花 »

2008年9月28日 (日)

NO 88 茶碗3個、、金襴盃、ラベンダー氏の蘭の花

 期待した作品が出来悪で割りたい衝動に駆られるかと思うと、期待しないものが、意外に良く出来たということが屡あります。今回の展示作品も期待しなかったものです。

 茶碗①


茶碗②


茶碗③


 金襴盃。
 肉眼では金色なのですが、写真では銅色と金色に写ります。何度も撮り直しましたが私の技量では無理なようです。五客揃いで神谷町の骨董屋で買いました。   1970年と記憶しています。
 このような古い手描き品は、僅かながら画面が違うように作られています。
 小さな写真では判りませんので、拡大したので比較して見てください。






 相当に使われたらしい小さな傷跡がありますが,気になる程ではありません。正月以外には使いません。

 ラベンダー氏の蘭の花
 本人説明文

 このランはパフィオペディラム属のヘンリアナム(Paph.henryanum)という原種です。
今年の夏に購入したときには、既に蕾は付いていまして、その蕾が我が家で開花したものです。2008年9月24日撮影。
 1鉢の中に2つの株があり、その両方に花が付きまし新芽がまだ出ていないので一体来年は、うまく花が咲くのか、心配です。



                     以上                       

|

« NO 87 製作中の鉢、13代柿右衛門睦揃、萩焼坂高麗左衛門徳利、ラベンダー氏の蘭の花 | トップページ | NO 89  刷毛目筆立、茶碗、夏盃、ラベンダー氏の蘭の花 »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NO 87 製作中の鉢、13代柿右衛門睦揃、萩焼坂高麗左衛門徳利、ラベンダー氏の蘭の花 | トップページ | NO 89  刷毛目筆立、茶碗、夏盃、ラベンダー氏の蘭の花 »