« NO 89  刷毛目筆立、茶碗、夏盃、ラベンダー氏の蘭の花 | トップページ | NO 91 花瓶 北風、古染付銘々菓子皿、ラベンダー氏のカトレア »

2008年10月 5日 (日)

NO 90 暗夜の樹々、多彩花瓶、菓子鉢、蘭の花その他、大手鞠さんへの手紙

08年5月21日に始めて、このブログのアクセス数(訪問回数)が5千回に次第に近づいてきました。右の数字がそれです。この数字に励まされて続けてきたようなものです。感謝しております。

 葉を落とし冬を越す林の樹々。少年時代信州の暗い夜に何か不気なものを感ずる事がありました。
 それを陶芸に持込むのもどうか?と思ったのですが、印象が今でも鮮烈でありましたので、とうとう作ってしまいました。
 しかしこの作品は少し暗すぎるように思います。この手の作品が次回から数個出てきます。ご感想をお待ちします。


多彩花瓶
 
もうそれは飽きたと言われそうな多彩花瓶です。自分では満足出来なくて、何回も作りましたが、未だ駄目と思います
 次回以降多分20日位後の事と思いますが、趣向を変えた多彩作品が出て来ます。懲りず見てください。


菓子鉢2
 新陶友、越 美奈子さんの作品です。取手も焼き物です。柔らかい粘土をどうして取り付けた?とお思いになりませんか。陶芸に慣れた手法と思います。
 濃い部分は美しい緑釉なのですが、フラッシュで撮影のせいか美しく出なくて申し訳なく思います。何時も斬新な作品を拝見し、教えて戴くことが多々あります。この作品も素晴らしく思い、お願いして掲載させて戴きました。

 尚この欄は幅に制限があります。上下は長くても上の花瓶のように収容が可能です。



上記左側を拡大


ラベンダー氏の蘭の花
 本人の説明
 このカトレア(C.loddigesii var coelurea 'Blue Sky')は、1996年10月6日にラン友から、6cmの小さな鉢に植えられた苗を頂きまして、2003年6月15日に初開花しました。
 開花まで7年かかりました。ランで、青い色のものをセルレア(coelurea)と呼んでいますが、これは青というより、ピンクに近いですが、セルレア好きの人が結構沢山います。



次ぎの二つは、杜の鍛冶屋の自宅に咲いた花です。

秋明菊




秋海棠




大手鞠 様

 拝啓。コメントを頂き誠に有難うございました。実は友人から連絡で、9月12日長文のコメントが有るが見たか?と聞いてきました、今日10月6日昼の事です。今まで気付かず誠に失礼をしました。
 長文誠にうれしく何度も読み直しました。昨夜NO.90のブログを掲載しましたご覧のブログはNO.80で大分前のもので、放って置いてまことに済みませんでした。以後気をつけます。
 コメントを下さる方は少なくて淋しい思いをしていました。続けてご覧下さいますよう、ご批評が戴ければ幸甚です。 私は小さな会社を74歳まで経営し、歳を取り会社を売却し、76歳から陶芸を始め楽しい日々を過ごしております。                  敬具                         杜の鍛冶屋

|

« NO 89  刷毛目筆立、茶碗、夏盃、ラベンダー氏の蘭の花 | トップページ | NO 91 花瓶 北風、古染付銘々菓子皿、ラベンダー氏のカトレア »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NO 89  刷毛目筆立、茶碗、夏盃、ラベンダー氏の蘭の花 | トップページ | NO 91 花瓶 北風、古染付銘々菓子皿、ラベンダー氏のカトレア »