« NO 96 蓋もの、浅間山、Mさん撮影の京都紅葉、嬬恋村北軽の秋、越後湯沢高原で。 | トップページ | NO 98 ラジオ体操、茶碗、陶友3人の作品、ラベンダー氏の蘭の花。 »

2008年10月31日 (金)

NO 97 西端 正先生の個展々示品の一部掲載

 今回は表題の西端 正(にしはた ただし)先生の個展が日本橋三越本店で開催されましたので、素晴らしい沢山のお作品の一部をご紹介致します。
 作品の主題は窯変丹波焼、粘土は兵庫県丹波の赤土部(あかどべ)、灰釉を使用
 個展は10月21日~27日で、会場を埋めた80余の沢山の作品は唸らせるもの多々でした 3年前の今頃、今回同様の三越本店の個展で茶碗を買わせて戴きました。その時の茶碗は本ブログNO.77、9月2日号に掲載済みです
 そのときご本人にも初めてお会い出来ましたそれまで私はお名前も存知上げませんでした。履歴を拝見すると三越での個展は既に6回。アメリカ、フランスで4回。日本伝統工藝展入選15回。各種表彰多数で、既に大作家だったのでした。
 今回はまた一段と精進された作品に接して、ご本人のご了解を得て掲載させて戴きます。
 ご本人は1948年生まれですから今年60歳。芸術家として既に地歩を固め、これから大きく躍進なさるでしょう。健康に留意され益々のご繁栄を祈ります。

 灰釉掛分茶碗 径12.8cm、高11.2cm

 これはパンフの表紙を飾った作品で、これを見たとき思わずハッとしました。
 全く今まで見たこともないデザインと思いました。

 灰釉茶碗 径12.5cm 高9.3cm

 この赤いところが赤どべです。灰釉が美しく流れて、何とも言えない味わいがあります。

 灰釉茶碗 径14.6cm 高8.9cm


 赤土部水指 赤土部の感じがよく出ています。
 幅22cm 奥行18cm 高18.3cm


 灰釉掛分角皿 これは大きな皿で、大層な迫力があります。この肌模様が素敵です。ブログは幅に狭い制限があり残念です。実物の迫力をお見せしたいのですが出来ません。幅40.5cm 奥行41.4cm 高9.6cm


 画像処理をして一部を拡大して見ましたた。


 灰釉茶碗 灰釉がとても生かされてわくわくします。
 径14.2cm 高10.1cm


 赤土部器 これぞ赤土部、幽玄の感あり。大きな器です。 径36.3cm 高27.8cm


 酒器いろいろ。以下4点はパンフレット見開きに並べられたものです。それを画像処理で分割して掲載しました。



 同


 


 


 窯に向かう西端先生


 今回は西端先生のお作品のみとしました。
 次回に窯出しが出来れば私の近作を掲載します。
             杜の鍛冶屋  敬白

|

« NO 96 蓋もの、浅間山、Mさん撮影の京都紅葉、嬬恋村北軽の秋、越後湯沢高原で。 | トップページ | NO 98 ラジオ体操、茶碗、陶友3人の作品、ラベンダー氏の蘭の花。 »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NO 96 蓋もの、浅間山、Mさん撮影の京都紅葉、嬬恋村北軽の秋、越後湯沢高原で。 | トップページ | NO 98 ラジオ体操、茶碗、陶友3人の作品、ラベンダー氏の蘭の花。 »