« NO 95 大江戸活粋(かっき)パレード、3000人の大行進 | トップページ | NO 97 西端 正先生の個展々示品の一部掲載 »

2008年10月27日 (月)

NO 96 蓋もの、浅間山、Mさん撮影の京都紅葉、嬬恋村北軽の秋、越後湯沢高原で。

 蓋もの
 こういうものを骨董界でなんと言うか?ご存知の方教えてください。
 よく行った東京港区神谷町の骨董屋で、昭和45年(1970)ころ、10客揃いを買いました。茶碗蒸しなどに使用されたと思います。
 今は見られない冠婚葬祭用の料亭で用いたものでしょう。似たように見えますが、10個全部が手描きで変わっています。
 自作の焼き物が出来るまで未だ日数がありますので、ご容赦下さい。
 径9cm、高さ8cm





 浅間山
 
雨が沢山降ると、噴火口に水が溜まり、猛然と水蒸気を吐き出し、雲を作っているのか?と思うほどです。


 紅葉
 Mさんのアルバムから、07年11月下旬京都で。これ拡大すると大迫力になります。






 前々回の湯の丸高原で。画面真ん中にポツンと霞んでいるのが富士山


 群馬県吾妻郡嬬恋村で
 ツタウルシが木に絡むだけでなく地上の草の上まで覆います。生命力が旺盛です。春先これに触るとカブレにやられます。


 同、嬬恋村



 同。


 越後湯沢高原で
 10月21日から2日間、4人でゴルフして45ホールを回りました。 翌日湯沢高原アルプの里に登りました。
 海抜800米、ケーブルカーに乗り、頂で散策しました。


 同


 同 女性が大勢。


 同 山葡萄

 同


 同 ススキが又おいでと言うごとく。



 同、ケーブルカーの終点で


 同、終点駅前で。

                  以上

|

« NO 95 大江戸活粋(かっき)パレード、3000人の大行進 | トップページ | NO 97 西端 正先生の個展々示品の一部掲載 »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NO 95 大江戸活粋(かっき)パレード、3000人の大行進 | トップページ | NO 97 西端 正先生の個展々示品の一部掲載 »