« NO.139 兼田昌尚先生の作品四題、杜の鍛冶屋の作品、早めの春、石神井公園。 | トップページ | NO.141号 兼田昌尚先生 作品、杜の鍛冶屋 作品、近隣の花。 »

2009年3月21日 (土)

 NO.140号 兼田昌尚先生作品4題、杜の鍛冶屋花瓶、井の頭公園の桜、自宅の花、近隣の花。

 兼田昌尚先生 作品 
 ①白釉窯変花器
 36.0x33.5x40cm



 ②灰被花器
  21.5x23.0x30.3


 
 白釉窯変花器
 26.5x26.5x31.0


 
 灰被花器
 26.5x21.5x26.8




 杜の鍛冶屋 花瓶
 径9.5x高16.8 cm



 ①井の頭公園の桜 
 桜の蕾も大分膨らんで来ました。以下の写真は昨年の井の頭公園の桜を撮影したものです。今年は昨年よりも
 早い開花となるでしょう。




 同 ②



 同 ③



 杜の鍛冶屋宅で咲いた花追加。
 白水仙


 ①木瓜(ぼけ)の花 小さな木によく咲いて呉れました

 ②同 木瓜の花 上と同じ枝です。


 ここから近隣の花に移ります。カメラを持って歩くと、永年住みながら全く気付かないでいた花が意外に多く、新たな発見に驚きました。それもそんなに遠くない近いところに、花開いている大木に巡り会う事がありました。いかに漫然と歩いていたかが判りました。
 これらの近隣撮影には300m四方位の狭い範囲でこれだけ撮影出来たのに感謝しました。

 木瓜の花 木瓜と言うと低い藪のようなものを連想しますが、これは随分背が高くて感心しました。これは木瓜ではないのでしょうか?




花大根 ①ごく近い所に群生していました。初めての発見でした。



同 ②


辛夷(こぶし)の花 ①先回撮影の時蕾だった花です。


 同 ②


辛夷の大木 ③ 極く近い所のこの大木も今まで全く気が付きませんでした。



 木蓮(もくれん)①


 木蓮② これも極く近い所で大きく咲いていて驚きました。

 木蓮③


 雪柳


 白樺の白い木肌が目に入り、見上げると緑の新芽が吹き初めておりました。これも新しい遭遇でした。


 杏(あんず)の大木、3階建て位の見上げるような大木に驚きました。これに実がなったら壮観と思います。奥深い広い家で注意していないと、見落とすところでした。杏は大木になります。



 何の花か判らない。知って居る方教えてください。梨の花?


 同


 ミモザの大木、これも注意しないと見落とすところ、今まで見たミモザの中では最大です。


 椿よく見る花ですが、通っていてわかりませんでした。



 見事な椿の大輪に見とれました


 紅カナメが新芽を一斉に吹き出し、町を美しくしてくれます。一番目立つ木と思います。

                      

以上
                            

|

« NO.139 兼田昌尚先生の作品四題、杜の鍛冶屋の作品、早めの春、石神井公園。 | トップページ | NO.141号 兼田昌尚先生 作品、杜の鍛冶屋 作品、近隣の花。 »

陶芸」カテゴリの記事