« NO.151号 岩崎喜裕 画伯の絵、杜の鍛冶屋の大皿、近隣の花。 | トップページ | NO.153  肉筆浮世絵、製作中の陶芸作品、近隣の花 »

2009年4月15日 (水)

NO.152号 岩崎喜裕 画伯 兜、 近隣の花



 近隣の花
 見たことなしの花ばかり。外来種?なんでしょうか
 ある方の見方では右の紫の花はストック。右下の二つはプリムラ。左の
上の花はゼラニュウム。下はデージーの由。
 多種過ぎて80才の私には、とても覚えられません。


 韮(にら)の花。この花は随分各所で見られます。清楚な感じで好かれます。花の寿命もなが
いです
風が吹いて花が揺れ、ボケました。


 


 住宅街に桜の大木。大木であるのが珍しい。今はもう若葉。


 山吹、これも多い花です


 赤一色の見事な木瓜(ぼけ)の大木。


 滅多に見ない木桶を使っています。


 税務署の桜です。今はもう若葉。


 同、見事な胴吹きの桜。


 玄関前の僅かなところに見事な多彩です。


 狭くとも立体的に見事な配置


 春と共に一挙に花の饗宴で、沢山の花を撮影しました。全部をお見せするには、まだ大分時間が掛か
ります。
 そうしている間に、春は容赦なく進行して行き、新しい花が現れて、こちらは置いて行かれそうです。
何百枚を撮影したか判りません。                               以上

|

« NO.151号 岩崎喜裕 画伯の絵、杜の鍛冶屋の大皿、近隣の花。 | トップページ | NO.153  肉筆浮世絵、製作中の陶芸作品、近隣の花 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

お花がとてもきれいですね。
今年は、お花見にも行けなかったので、とても和みました。
わざわざ遠出しなくても、身近な所にこんなにきれいな花々がたくさんあるんですね。
なんだか、すごく慌ただしく毎日を送っていて、全然季節を感じていないなぁと考えさせられました。
これからも季節を感じられる花々をたくさん掲載してください。
楽しみにしております。

投稿: | 2009年4月28日 (火) 16時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NO.152号 岩崎喜裕 画伯 兜、 近隣の花:

« NO.151号 岩崎喜裕 画伯の絵、杜の鍛冶屋の大皿、近隣の花。 | トップページ | NO.153  肉筆浮世絵、製作中の陶芸作品、近隣の花 »