« NO.154号 肉筆の浮世絵、羽黒洞とは、鍛冶屋製作中の作品、近隣の花。 | トップページ | NO.156号 肉筆浮世絵拡大 »

2009年4月21日 (火)

NO.155号 羽黒洞続・90歳まで生きた画商。写真は大活躍の頃。近隣の花

羽黒洞続き。創立者 木村東介




註・ ランカイ屋とは展覧会屋の略称。彼は晩年集めた絵画を屡大きなっ展覧を開いて売り捌いた。
 原稿が細かい字で書かれているので読みにくいと思いますから沢山の書を書いたとだけご理解ください


 羽黒洞 故 木村東介 編集の肉筆浮世絵連載で掲載します。
 但しこれは一応羽黒洞の了解を得てはいますが販売のためのカタログ本でありますから既に販売済みのものが有ると思いますが持ち主がわかりませんので一々御了解頂くことは不可能です。
 金儲けでは無く素晴らしい作品群をこのまま眠らせておくのはもったいないのでご遺族とも相談の上での企画ですありますのでご理解をお願いいたします。版画の浮世絵が絶えず本屋に並び、一方で肉筆物
が好事家に滞留した儘とは残念なことです。












              

|

« NO.154号 肉筆の浮世絵、羽黒洞とは、鍛冶屋製作中の作品、近隣の花。 | トップページ | NO.156号 肉筆浮世絵拡大 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NO.155号 羽黒洞続・90歳まで生きた画商。写真は大活躍の頃。近隣の花:

« NO.154号 肉筆の浮世絵、羽黒洞とは、鍛冶屋製作中の作品、近隣の花。 | トップページ | NO.156号 肉筆浮世絵拡大 »