« NO.157号 肉筆浮世絵、近隣の花 | トップページ | NO.159 肉筆浮世絵、屏風絵2点、近隣の花。 »

2009年4月24日 (金)

NO.158 肉筆浮世絵、近隣の花

 浮世絵は肉筆でも版画でも、すべて色彩で描かれているが、カタログ掲載
の絵はモノクロのものが圧倒的に多いのである。画集ではなく本質はカタログ
だからであろう。
 この絵も色彩で描かれていた筈で。素晴らしいと思う。何とも言えない艶やかな
香りが感じられる。裏付けされるごとく価格も随分している


 下の原文にある慶長、元和、寛永は豊臣から徳川への切り替えの時期にあたり、
負けて潰された大名も数知れない。明治維新に匹敵のときであり、まさに時代は激
動期。郭に入れられた女性もあっただろう。





近隣の花

 海棠は既に何度か載せました。しかし光線の加減が素晴らしく、また撮影


ベンケイ草属の花


人形あれば一段と光ります。無いのを想像すれば判ります。


狭い所でもようこそ。小手鞠


はじめて見た花です。クリスマスローズ


右下の赤い花はシャクナゲらしい。奧の赤い花はアジサイ。



この花もはじめてです。


躑躅の紅が何とも鮮やか。


モッコウバラの門素敵ですね。


モッコウバラ





                                 以上

|

« NO.157号 肉筆浮世絵、近隣の花 | トップページ | NO.159 肉筆浮世絵、屏風絵2点、近隣の花。 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NO.158 肉筆浮世絵、近隣の花:

« NO.157号 肉筆浮世絵、近隣の花 | トップページ | NO.159 肉筆浮世絵、屏風絵2点、近隣の花。 »