« NO.162 肉筆浮世絵、自宅の花 | トップページ | NO.164号 吾妻渓谷その二 »

2009年4月29日 (水)

NO.163号 肉筆浮世絵、吾妻渓谷 その一.、

肉筆浮世絵掲載の資料は昭和49年羽黒洞刊、三越本店での展示カタログより転写。連載中

 一見女に見えるが、刀を差しているのだから男である。下の解説にもあるが、元禄時代は徳川政権も安定し、戦争も遠のき、こんな風俗がカッコ良い姿とされたのだから、時代が変わったのだろう。(鍛冶屋)







 里山
 4月23日に群馬県吾妻渓谷へ行きました。この渓谷は九州の耶馬溪に匹敵する美しさとされ、観光客も多く上流には草津温泉があります。
 ここにダムを作る計画が50年も前に決められながら、工事は遅々として進まず、水の消費が当初よりも減る傾向を見せ始め、水質が草津の排水が酸性で、中和の必要があったりして反対運動も起こり、批判も盛んです。酸性ですから魚が住みません。
 魚が住めない水を人が飲めるのか?等の問題も多々あり、欧米でもダム建設は停止です。多くの問題をはらみつつ今年工事が進捗し始めています。
 渓谷の入り口の里山です。東京よりも春が遅くようやく桜開花と新緑が出始めのときでした。


 吾妻渓谷 その一
 国道の遥か下に河が流れています。その水面を見るための小道です。


 河が奇岩怪石の中を細く、或いは太く流れて行きます。







ここでは桜の開花と若葉が一緒です。













        次の164号へ続きます

|

« NO.162 肉筆浮世絵、自宅の花 | トップページ | NO.164号 吾妻渓谷その二 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NO.163号 肉筆浮世絵、吾妻渓谷 その一.、:

» 草津温泉の地図 [草津温泉情報ナビ]
草津温泉の地図についての情報や注目のコンテンツを紹介しています。いろんな知識や情報を学べる、役立つ情報を目指しております。 [続きを読む]

受信: 2009年4月29日 (水) 23時45分

» 草津温泉街 [草津温泉情報ナビ]
草津温泉街についての情報や注目のコンテンツを紹介しています。いろんな知識や情報を学べる、役立つ情報を目指しております。 [続きを読む]

受信: 2009年4月29日 (水) 23時59分

« NO.162 肉筆浮世絵、自宅の花 | トップページ | NO.164号 吾妻渓谷その二 »