« NO.176 肉筆浮世絵、障害者の絵、近隣の花 | トップページ | NO.178 号 浮世絵界の大事件、あいアイ美術館提供の障害者の絵、ラベンダー氏の蘭、陶友の作品、杜の鍛冶屋の茶碗、 »

2009年6月 7日 (日)

NO.177号 或る屏風・六曲二双、障害者の絵、陶芸作品、近隣の花

 偶然ある家を訪問したら見事な屏風を見る機会を得た。この屏風は先々代が或る画家に依頼して書いて貰った
ものだと言う。その先祖は明治天皇をいたく尊崇し、神宮外苑の明治記念館の絵を参考した絵を、無名の画家に
依頼して一年余の月日を経て完成させたと言う。
 その画家も生涯これ以上の絵は描けないと漏らしたそうである。
 六曲二双とは、六枚の絵を貼った曲がり屏風を二枚で一セットにしてこれを一双と言い、二双とはその倍をいうから、
曲がり屏風が二セットあるを言う。つまり屏風は四枚。
 はじめの一双は明治天皇に関わるもの、次の一双は山を描いている。
 曲がった屏風を平らにした写真にしているから、本物とはいささか違和感がある。

 上の図
 明治天皇、稲収穫と脱穀を視察の図。奥の輿の中に天皇がおわす。

 下の図
 昭憲皇太后、蚕飼育視察の図
 二枚で一双になる 何れも宮中内。



 山 一双


 川越あいアイ美術館提供の知的障害者の絵
 柿・ 吉元 耕平 画伯  これは素晴らしい作品と思いました。見ていてセザンヌのリンゴの絵を思い出しました。 

陶芸作品・六角多彩文花瓶
最近ブランク気味。良い作品が生まれません。


 多彩花瓶 
 作品を貰って呉れる方に請われるままに大分差し上げました。気に入らなくて捨てたのも結構
あります。
 しかし下の作品は流石に誰も貰い手が無く、割って捨てようと何度も思いました。ところが何故か
愛着が沸き、捨てられません。冗談にエジプトで拾ったと言ったら本気にした人がいました。



近隣の花
①カシワバアジサイ 花が重く傾いている。名の由来は葉が柏の葉に似ていた為。


②同 これは垂れ下がり


③ブルーサルビア


④カンパニュラ


⑤幾星霜 トウカエデ 青梅街道の杉並公会堂前の街路樹。大きくなりすぎ毎年秋に枝をを切る。


⑥マリ-ゴールド 上の木の下に咲いていた。


⑦クジャクサボテン


⑧ユリ


⑨アルストロメリア の一種?


⑩アジサイ


⑪同


⑫同、赤い花は ランタナ





⑭サツキ これほど密に咲くのも珍しい


⑮エンゼル トランペット


                                            以上

|

« NO.176 肉筆浮世絵、障害者の絵、近隣の花 | トップページ | NO.178 号 浮世絵界の大事件、あいアイ美術館提供の障害者の絵、ラベンダー氏の蘭、陶友の作品、杜の鍛冶屋の茶碗、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NO.177号 或る屏風・六曲二双、障害者の絵、陶芸作品、近隣の花:

« NO.176 肉筆浮世絵、障害者の絵、近隣の花 | トップページ | NO.178 号 浮世絵界の大事件、あいアイ美術館提供の障害者の絵、ラベンダー氏の蘭、陶友の作品、杜の鍛冶屋の茶碗、 »