« NO.196号 続・井上萬二 白磁展、杜の鍛冶屋陶芸作品、障害者の絵、肉筆浮世絵、近隣の花 | トップページ | NO.198号 井上萬二・白磁展、森の鍛冶屋作陶品、肉筆浮世絵、障害者の絵、妻恋村ユリの花 »

2009年7月31日 (金)

197号 井上萬二・白磁展、杜の鍛冶屋陶芸作品、肉筆浮世絵、障害者の絵、近隣の花

 井上萬二・白磁展
 この作品は2009年6月9日~29日まで、井上先生傘寿記念(80歳記念)として銀座和光で開催された作品展のものです。 老いて尚旺盛な作陶意欲に敬服です。ご了解を得て紹介させて戴きます。尚先生は私と同年同月の生まれです。

(1)白磁染麦彫文壷   径31.5  高23.5cm
 純白の白磁にうっすらと絵が施されています。80歳で何の迷い無いこの線描に感嘆します。


(2)白磁緑牡丹彫文面取壷 径26.0 高31.5cm
 面取りの技法(表面を板で叩き、六面を作る)そこに絵が描かれています。


(3)白磁壷  径26.0 高23.5cm
 白磁無垢そのもので、これを好む方も多く居られます。


東京新宿の京王ホテルは、社長が大小の井上先生の作品を永年掛けて収集した事が広く知られています。

 杜の鍛冶屋 作品
(4)多彩花瓶  径13.0 高15.2cm


・他面


(5)柿釉赤十字皿  径18.0  高3.2cm


肉筆浮世絵
掲載の資料は昭和49年羽黒洞刊、三越本店での展示カタログより。
説明文は羽黒洞創立者、肉筆浮世絵収集の故・木村東介
(6)
 昭和49年三越本店で展示販売、380万円の値付けであった。


(7)


(8)


 (9)あいアイ美術館提供 障害者の絵


(10)


近隣の花
(11)ランタナ


(12)エケベリア・スブリギダ(別名:オボロヅキ(朧月))(ベンケイソウ科)  これが花なのか?不思議に思いました。


(13)7月27~28日と2日間、福島県白河の羽鳥湖高原にゴルフに行きました。海抜950mの高原です。
そのコースの池に蓮の花がいっぱい咲いていました。


(14)コースの途中で訳の判らないこんな木を見ました。どうして出来たか?不思議でした。木の生命力でしょうか。


(15)イヌタデ 近隣の花に戻ります。野原などでよく見ますが。


(16)ムクゲ


(17)ガーベラ


(18)アベリア


                                          以上

|

« NO.196号 続・井上萬二 白磁展、杜の鍛冶屋陶芸作品、障害者の絵、肉筆浮世絵、近隣の花 | トップページ | NO.198号 井上萬二・白磁展、森の鍛冶屋作陶品、肉筆浮世絵、障害者の絵、妻恋村ユリの花 »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 197号 井上萬二・白磁展、杜の鍛冶屋陶芸作品、肉筆浮世絵、障害者の絵、近隣の花:

« NO.196号 続・井上萬二 白磁展、杜の鍛冶屋陶芸作品、障害者の絵、肉筆浮世絵、近隣の花 | トップページ | NO.198号 井上萬二・白磁展、森の鍛冶屋作陶品、肉筆浮世絵、障害者の絵、妻恋村ユリの花 »