« NO.225号 大田黒公園・紅葉夜景 | トップページ | NO.227号 近隣の花 »

2009年12月 3日 (木)

NO.226号 陶友の作品、杜の鍛冶屋作品、近隣の花と落ち葉。

陶友の作品


 人形  作者  セシル  幅8cm 高15cm
 白い服に清楚なデザイン素敵な人形が出来ました。陶芸教室で動物を作られる方は多いですが、人形を作られる方は少ないです。目立った作品でした。




 小皿 五個揃い  作者  竹屋 径7cm 高3cm
 同じ大きさの皿を揃えることは簡単のようで、やって見ると案外難しいものです。熟練しないとこうは出来ません。白釉を主体に軽く織部を掃いています。上品な作品と思います。 



 中皿 作者 丘   径14cm 高4cm
 釉は白と黒、シンプルなデザインですがお陰で素地の透明釉が冴えて美しくなりました。おおらかな素直な作品、使いやすいと思います。


 大皿 作者 安野 径24.5cm 高6.5cm
 皿と書いたらよいのか、鉢と書いたらよいのか?暫く迷いました。私は作者にお目に掛かっていません。
 偶然教室でこの作品に遭遇し、ブログに是非掲載したいと思い、作品に添え手紙をを入れておき、お断りなら止めようと思い待ちました。然し未だ音信も無くご了解が得られたと思い掲載させて戴きました。先生が同じでも出席の曜日が違うと判らないのです。
 私がこの作品で驚いたのは細密な線を2色で迷い無く書かれていたことでした。
 相当に根気の要る仕事をよくこれだけに書かれたと思いました。
 或る著名な美術商から絵を見たとき、一番注目するのは線が迷い無く書かれているかどうかで作者の技量が判ると教えられましたが、この皿をみたとき、丁度その言葉を思い出していました。
 ご立派な皿だと思います。こんな線は残念にも私には書けません。


同裏面


以下は杜の鍛冶屋作品

茶碗   径12.5cm 高7.5cm


同 径13.5cm 高8cm


落葉花瓶  径13cm 高20.5cm


吹きたまりの落葉 


同大きな葉は朴の木の葉


サルスベリの剪定の枝が一輪挿しに。


馬上杯が花瓶に、中に一輪挿しが。


                                                  以上

|

« NO.225号 大田黒公園・紅葉夜景 | トップページ | NO.227号 近隣の花 »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1042080/32474026

この記事へのトラックバック一覧です: NO.226号 陶友の作品、杜の鍛冶屋作品、近隣の花と落ち葉。:

« NO.225号 大田黒公園・紅葉夜景 | トップページ | NO.227号 近隣の花 »