« 229号 陶友の作品 | トップページ | NO.231号 水陽・爽風会 水彩画展覧会   »

2009年12月13日 (日)

NO.230号 杜の鍛冶屋作品

一輪挿し
 これは浅間山の火山岩の欠片(かけら)を拾い、電気ドリルで穴をあけたものです。
極めて楽に小型の生け花を楽しめる優れもの。不精な私向きです。焼き物の一輪挿しを幾つも作りました。


1穴、2穴、3穴、最大で10穴のものが1個あります。穴の存在が判るように上からの撮影が殆どです。




抹茶茶碗 径13cm 高8cm


                                    以上

|

« 229号 陶友の作品 | トップページ | NO.231号 水陽・爽風会 水彩画展覧会   »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1042080/32594727

この記事へのトラックバック一覧です: NO.230号 杜の鍛冶屋作品:

« 229号 陶友の作品 | トップページ | NO.231号 水陽・爽風会 水彩画展覧会   »