« NO.250号 井の頭公園 | トップページ | NO.252号 226事件、 »

2010年2月23日 (火)

NO.251 木村東介蒐集・肉筆浮世絵、島田哲夫の蘭、自宅で咲いた花、近隣の花、陶友の作品。

肉筆浮世絵・木村東介解説は下にあります。

右の落款(画家の署名)の右に79歳の記入がある。当時としては大層な長命。私の知る限りでは北斎が
90歳代まで生きた。余程の健康に恵まれていたからあれだけの画業がなされたと思う。この豊国も解説を
読むと、豊国の版画くらい国中に充満しているものは無いと言うのだから大層なものである。絵の左下に猫。




島田哲夫の蘭 
Startingpoint01
Lc.Starting Point 'Unique' (レリオカトレア スターティング ポイント 'ユニーク')
今回は初めて3輪も咲いてくれました。大変強健で美しいです。
09/12/06 Canon PowerShot G10にて撮影

Startingpoint02_2  上と同じ品種です。
09/01/14 Canon PowerShot G10にて撮影


Lc.Angel Love 'Pinkie'(レリオカトレア エンジェル ラブ 'ピンキー')
この蘭は強健なのですが、何故か枯れてしまって、我が家にはありません。
00/04/09撮影

Spring_splendor
Lc.Irene Finney 'Spring Splendor'(レリオカトレア アイレンフィニー 'スプリング スプレンダー)
アイレンフィニーには、York(ヨーク)などの優れた兄弟株が沢山あります。この株は私が蘭栽培を始めた頃、3号鉢に植えられていた幼苗を蘭屋さんから購入して、数年かかってようやく開花した、思い出深い蘭ですが、残念ながらその後の管理が悪く、枯れてしまいました。
08/05/07 Canon EOS Kiss Digital X+SIGMA50mmマクロにて撮影


Lc.Mini Purple 'Dogashima'(レリオカトレア ミニパープル'ドウガシマ')
小型で大変強健、花が咲き易いランですが、何故か我が家では一度咲いたきりで、枯れてしまいました。
04/12/18 Canon PowerShot Pro1にて撮影


Lanium avicula(ラニウム アヴィクラ)
小型の洋蘭です。花の直径は1cm程しかありません。場所のない方向き。秋咲の強健種です。
00/11/18撮影

自宅で咲いた花                

Cymbidium01 Cymbidium02

蘭・シンビジュームです。小さな花芽が4本出ました。戴いてから20年間くらい隣との境の塀際にに植えた侭でした。それが不思議にも昨年から咲き始めました。昨年の花茎は1本だけだったのに今年は4本なのでしたから驚きです。放りっ放しで世話は全くしていません。邪魔で捨てようと思ったことがあっのです。待つことの大切さを感じました。

この赤い蕾の蘭もシンビジュームです。これは数年前に買いましたがどんな色の花か記憶がないのです。
開くのを楽しみにしています。以上2つの花が開花したら、ブログでお見せ致します。

近隣の花
以下は2月初めの撮影です。
或る店の卓上で。

2月初めに桜の花が卓上で満開でした。桜の名を聞きましたら啓翁桜(けいおうさくら)と言う聞いたことの無い桜でした。

荻窪、教会通りで。黄梅(モクセイ科)とシクラメン

美味しそうなパン屋さんを飾っていました。



荻窪印刷社の前で。雲南サクラソウ


ハボタン

Dsc_32_1_2 
左 ハボタン 右 プリムラ


陶友の作品
作 三村 俳句陶板 句も陶板も自作
「小鳥来る 水をゆたかに 深大寺 」  この方は92歳で眼鏡なしで新聞が読め、入れ歯なし。
径25.5x25.5cm 高1.5cm



作 竹屋 三島手皿
 径25.5cm 高6.3cm
 熟練の見事な大皿


作 須藤雄一郎 蕪皿 
径12.5cm 4.7cm
以下2品 何れも熟練の技

作 同 ピーマン皿 
径同 高同


作 丘 白椿皿 
同大同模様の皿が外に一枚
径14cm 高4.5cm 美しい皿
 使い易い感じ。私もこんなのが出来たら。



作 杜の鍛冶屋 紅蓮炎  
四方より各一枚  径19cm 高28cm

作  同 馬上杯 2個 径9cm 高11cm
下段 作 同 茶碗  2個 径9.5cm 高7.5cm

                                以上


|

« NO.250号 井の頭公園 | トップページ | NO.252号 226事件、 »

陶芸」カテゴリの記事

コメント

歌麿の「老松図」は明らかな贋作ですが、当時に比べれば、その数もかなり減ったように思います。日々、贋作を勉強する機会が失われつつありますね。

投稿: 黒猫の究美 | 2010年9月 7日 (火) 12時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1042080/33507689

この記事へのトラックバック一覧です: NO.251 木村東介蒐集・肉筆浮世絵、島田哲夫の蘭、自宅で咲いた花、近隣の花、陶友の作品。:

« NO.250号 井の頭公園 | トップページ | NO.252号 226事件、 »