« NO.269号 諏訪高島城。 | トップページ | NO.271 若葉萌ゆ。 »

2010年4月29日 (木)

NO.270号 安曇野の古民家

 4月初め安曇野の古民家を訪ねる機会がありました。

 本棟造りの家 ほんむね造りと読みます
 松本平の古い大きな民家にこの形の家が見られます。この屋敷は敷地2千坪、この家が母家(おもや)で土蔵が9棟も有る大きなものです。
1、810年(文化7年)の建築ですから今年で築200年を経たことになります。その年に幕府が江戸湾沿いに砲台を築造しており、間宮林蔵がその2年前に樺太の探検をして、間宮海峡を発見しています。

 明治維新が1,868年ですから維新前58年の建築になり誠に貴重なものです。
 永年造り酒屋として栄えたようです。造り酒屋は大地主が年貢米を使い酒造りをしたようですからこの家もそんな歴史があったのでしょう。

 下のご案内に国の登録有形文化財に指定とあります。この様な貴重な本棟造りの家が消えてゆくのを物語たっています。
 蔵久というのは家の持ち主の I 氏が貸している店です。花林糖は菓子のカリントウです。私たち家族はこの母家の座敷で美味しい蕎麦を頂きました。




 現在は酒造は行わず、近隣の同業3社が共同で工場を建て別の場所で製造しています。
 次の写真は屋敷を東側から北アルプスを背景とした撮影です。
 この写真をご覧になって、どこかで見た様なご記憶があるかも知れません。
 それは、酒の本に掲載されたり、「犬神家の一族」という映画に出て来ました。映画の事件がここで行われたのではありません。筋書きとして利用されたのです。
 最近旅行会社のバス旅行で、よく農家の古民家での食事がありますが。これほどの古い立派なところは有りません。この家の座敷で美味しい蕎麦を食べましたが、静謐な安曇野の田園に結構多くの客が入っていましたから、知られるようになっているのかと思いました。
 背景の北アルプスの山は左が常念岳、右が大天井岳で、槍ヶ岳は常念岳の左裾に遠く小さくなっています。、
 屋敷は左に更に長く、右端の家までか該当します。


同庭園
座敷から庭園を望む。今は蔵久の食堂として使用されています。私たちはこの食堂で昼食に蕎麦を頼みました。





年代ものの雛群


この地方独特の貼り雛 やや傾いての撮影で失敗。


同貼り雛、ガラスケースの反射で旨く撮影できず



 余談  カリントウの話
 私の母は大分前に90歳で亡くなりましたが、明治29年生まれで、安曇野の穂高町で育ちました。私の幼少の頃よく穂高町の色々のことを私に語ってくれましたが、その中に新宿の中村屋のカリントウの話が何度も出て来ました。
 新宿中村屋の創始者は相馬愛蔵で明治3年同じ穂高で生まれ松本中学(現・深志高校)を経て東京専門学校(現・早稲田大学)を卒業し活躍を展開しました。
 本郷赤門前の中村屋を譲りうけてインテリ層に広まり始めた食パンの販売を始めました。明治40年新宿に拠点を移しました。
 何時の頃か判りませんが愛蔵は故郷の美味しかったカリントウの製造販売をしようとしますが、穂高のカリントウ屋に頼んでも製法を教えてもらえません。
母の言い方では口に入れるとホロホロと口中で崩れてその美味しさは忘れられなかった。との事でした。
 愛蔵は諦められず、結局家族の生活の保障を約束してそのカリント屋の全部を買い取ったそうです。ですから穂高にカリント屋はなくなりました。
 中村屋がカリントを売り出したときそれは売れに売れたとの事ですが、穂高のカリントが日本で始めてのものであったかは不明ですが、東京には無かったのではないでしょうか。蔵久がカリントに力を入れているのと穂高のカリントは何か関連があるのかは判りません。今は全国で売られているカリントですがそれが安曇野の発祥なら面白いと思います。愛蔵はインド独立の志士ビハリ・ボースを庇護したことで知られています。

 カリントの原型は江戸時代に練り小麦粉を棒状にして揚げたものだとの説がありますが、黒糖を使った今のものとは違ったようです。
 相馬愛蔵の履歴については、深志高校130年記念誌に詳しく掲載されています。

 ブログ掲載の蔵久本店の住所
 長野県安曇野市豊科高家604 電話0263-73-0170 蕎麦は売り切れになるので予約が安全
 豊科高家の読みは とよしなたきべ 営業は10時 ~17時                                                                                           以上
 

|

« NO.269号 諏訪高島城。 | トップページ | NO.271 若葉萌ゆ。 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NO.270号 安曇野の古民家:

« NO.269号 諏訪高島城。 | トップページ | NO.271 若葉萌ゆ。 »