« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月30日 (日)

NO.280号 陶友の作品、杜の鍛冶屋の作品、バラの家。

陶友の作品
作  桐山  陶製電気灯篭  高27cm 径17cm
 この方は女性で、永い陶暦をお持ちです。中に電灯を入れ、ぼかしの紙で電球を覆う由。燃えない紙という物があることを初めて知りました。
この手の作品を陶芸で作られる方が多いのですが、その中でも素晴らしい作品と思いましたので、お願いして撮影しました。
 殊にアクセントが釉,つなぎの造形に巧に活かされています。


作  允  大皿  高7cm 径20cm


作  同  大皿  高7cm 径20.5cm


同上・真上から。 この方の作品の中で今まで拝見した限り最高の作品と思います。デザインと伊羅保の使い方が実に見事。


作  須藤雄一郎  大皿  急に新しいデザインとなりました。見事です。高4cm 径20cm


作・同


作・同


作・同


作・同



作  杜の鍛冶屋  抹茶茶碗  径11.5cm  高7.5cm


作・同上 側面


作・同  コーヒー茶碗    径(取っ手含む)12.5cm 高9cm


作・ 同    径12cm 高8cm



バラの家 杉並区桃井町を散歩していましたら道に面してバラいっぱいの家に遭遇しました。
撮影の了解を得ようとして門を見て呼び鈴探しても見当たりません。下を見たらAzuminoのローマ字が見えました。安曇野に関わりのある方か?と思いましたが、お会い出来ませんので聞くことも出来ません。撮影だけさせて貰いましたので掲載します。

入り口にAzuminoとあります。






































                                                  以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月28日 (金)

NO.279号鳴神山にてカッコソウを写す

5月22日に、群馬県の桐生の北に位置する鳴神山に登ってきました。
この山にはサクラソウの仲間のカッコソウが今頃咲きますので見てきました。
他の花も写しましたので、少し掲載致します。

カッコソウ
007kakkosou_2

ヤマブキソウ(山吹とは違う花です)
005yamabukisou

ササバギンラン(今回、ラン科の植物はこれだけが見られました)
012sasaba_ginran 

5月27日に我が家で咲いたランです。
Lc.Irene Finney 'Z-905'(カトレア アイレンフィニー)
2010_05_27a

以上

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

NO.278号 井上萬二先生白磁展、陶友の作品

井上萬二先生白磁展 於・銀座和光本館6階和光ホール、2010年6月3日(木)~19日(土)
 
 昭和47年日本橋高島屋で有田焼祭りが盛大に開催されていました。
 その中で一際目立つ大きな壷が目に留り、夢中でそれを買いました。下の壷がそれです。今から38年前のことでした



 その作者は奇しくも私と同年同月生まれの井上萬二さんでした。私の43歳のときの出来事です。それから38年間に及ぶ交際が始まり、現在に及んでいます。氏は人間国宝となり、紫綬褒章、旭日中授賞を受け、国内とアメリカの大学教授を経て、毎年幾つものデパートで個展を開かれる存在となりました。
 今回先に掲載の通り銀座和光で個展を開かれますのでご案内する次第です。
 
 下の写真は個展カタログより転写3枚。

         白磁緑花紋紫牡丹麦彫文面取花器

                 白磁染紫花紋皿


                     白磁花器

作品の数は80余点に及びます。その美しさは作品を直に見ないと判りません。

陶友の作品

作  志村  水差し 作者は92歳女性、耳がよく聞こえ、眼鏡無しで新聞が読め、虫歯無しで毎日相当な距離の散歩が出来る超人です。
若い時は国体の選手だったそうです。俳句の作品を陶板に描き、陶友の尊敬を集めています。


作  允  花瓶  独創性のあるデザインで感心しています。2色だけでの配色で味を出されました。


作  須藤雄一郎  花瓶 徳利か花瓶か?聞き漏らしました。この方も80代半ばで矍鑠(かくしゃく)としています。沢山の素焼きに瞬く間に絵を描きますので驚きます。沢山の作品は友人に差し上げてしまうそうです。私の作品など欲しいと言って下さる方は居りません。


作  同  小鉢 このような小物が家庭用に喜ばれるのでしょう


作  同  ぐい飲み


作  同  ぐい飲み


作  越  美奈子  鉢  美しい鉢です。野菜サラダに似合うと思います。


作  同  小鉢 これには酒の肴が似合います。美味しくなります。


作  同  小鉢   同上 模様が面白いですね。真似が出来ません。



作  同  中皿  カレーが似合うと思いますが。赤が美しく出ました。


作  同  大皿  美しい織部の皿、食欲が増すでしょう。


作  同  大皿  上記同感


作  竹屋  小鉢  酒肴用ですか。透明釉と織部がよく融合と思います。


作  同  小皿 
これは蕎麦の薬味の葱用か海苔用に似合いますいね。葱に唐からしを掛けておけば蕎麦を美味しく召し上がれます。


作  同  角皿  面白い構図。傑作だと思います。


作  同  角皿  真上から。


作  岩下春枝  角皿   掲載・新人です。
 美しい紋様、私はこの作品を見たとき老練の人の作と思いましたが、ご本人が大層若い女性で驚きました。
作品の良否は年齢とは関係ないのでしょうか。


作  ふじの  花瓶  掲載・新人です。
形も紋様も独創的、花瓶は活ける花よりも派手ではいけないのが教室の先生の教えでした。この作品は正にピタリです。花が映えると思います。


作  杜の鍛冶屋  四重花瓶 三年前の作品です。作るとき下が重みで潰され苦労しました。


作  同  火炎土器  4年前の作品。新しいものを又作りたいです。

     
                             以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月21日 (金)

No.277号ラン五題

今咲いているランを5枚掲載します。

Phal.stuartiana(ファレノプシス・スチュアーティアナ)
花屋さんで普通に売られている胡蝶蘭とはだいぶ趣が違います。弱そうな感じですが、なかなかどうして、非常に強健なランです。1998年に購入してから12年経過しました。
Phai_stuartiana

Phal.mariae(ファレノプシス・マリエ)
これも花屋さんで見かける普通のランとはだいぶ違いますが、これも強健です。
ただ一本の花茎に付く花数が少ないです。
Phal_mariae

Prosthechea cochleata
これは通称「タコラン」と呼ばれています。極めて強健です。
P5200184

エビネ(交配種です)
Ebine

Den.unicum (dwarf) (デンドロビューム・ユニカム 小型)
今年の4月30日につぼみ付き株を国際園芸から購入。大変小型で、場所を取らないので、好都合と思って買いました。強健種であればよいのですが。
Den_unicum


以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

NO.276号 自宅の花と陶友と杜の鍛冶屋作品

自宅の花

オルニソガラム


オダマキが殆ど開花しました。


同 拡大


エリカ


ワスレナグサ


雑草として扱われていますがなかなか美しいです。中学時代植物の先生が 「雑草」 という草は存在しませんと言われて感銘を受けました。ヒメジオン。


シソ科のラベンダー?


マユミ 秋になると可愛い実をつけます。今は花も小さく気がつかないほどです。


サンショウの若葉。早速小型擂鉢で山椒味噌を作り豆腐を焼き、豆腐田楽をつくり美味しく頂きました。



陶友の作品
作  須藤雄一郎  皿 亀



作  同  皿  蟹


作  同  大皿  アジサイ


作  同  皿  鮎


作  同  皿  フグ



作  杜の鍛冶屋  抹茶茶碗


作  同  側面


                                    以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

No.275号 ランの花 三題

3月20日、早春の野山に出かけました。ひょっとしたらシュンランが見られると思い、探しましたら、ありました。その付近で4つの固体を見ることが出来、大喜びしました。

Img_2381s

5月3日に別の野山を歩いていましたら、何とエビネを発見しました。エビネは開発や盗掘で数を減らしていますが、こうして自然の中で見るエビネの美しさは格別です。キンランやギンランも探したのですが、残念ながら見ることは出来ませんでした。

P5030157_1

下の花は、Paph.tonsum(パフィオ・トンサム)で、これは自宅で咲いたものです。
3月17日撮影。地味ですが、独特の色艶があります。

Img_2326

以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

NO.274号 近隣の花

近隣の花
 暑さ寒さが交互に激しく入れ替わり、それでも咲くべき花は咲いて呉れます。
 然し花の入れ替わりの激しさは、なにか例年よりも早いと感ずるのですが、どうなのでしょう。
 以下の写真は5月13日に近隣を30分ほど散歩して撮影したもの。

クジャクサボテン。 ゲッカビジンの仲間、荻窪印刷で。


ジャスミン 今近隣至るところで咲いています。


同 花拡大


ツツジ 天沼弁天池公園で。





手前はパンジー、奥の赤い花は?


ナスタチュ-ム(金蓮花)


ゼラニューム


ゼラニューム


ツツジ 弁天池公園


バラ 今バラが全盛。方々で見ます。暫くバラが続きます。





同ラ


バラ








バラ


バラ





バラ


バラ


パンジー


サクランボ


スズラン 東京に来て初めて見ました。信州では山に行けば多く見られましたが。


 ?  生垣によく使われる木ですが、今年の葉は例年以上に鮮やかでした。





ベニカナメ





                                                以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

NO.273号 近隣と自宅の花

 春無き4月が過ぎていきなりの初夏、私は風邪で20日と長休み、藤が咲いて綺麗と思ったのに既に花見えず。追い立てられる如き花の変化です。

近隣の花
教会通りの公衆電話に今日も新しい活け花が、活け主は依然健在。



シャクナゲ 東京衛生病院の改築が終わり、新しい前庭の整備が済みました。植えて間もないシヤクナゲがこんなにも見事に咲きました。


同 接写


バラ 教会通りで。


テッセン 荻窪印刷で。前掲の藤の花の家です。


同 シラン 


シンビジューム


同 ジャスミン開花



べチュニア 教会通りで。


ガザニア、紫はミヤコワスレ


ジャーマンアイリス


自宅の花
シンビジューム 隣との境の塀際に。手入れせず植えっ放しでよく咲いて呉れます。


同 接写


ミヤコワスレ


ペチュニア


ペチュニア


デージー


クンシラン 冬には鉢植えのクンシ蘭を家の中に入れますが、鉢が重くて老人には無理、仕方無く庭に植えて冬を越しました。
それが立派に花を咲かせて呉れて感激でした。葉先が随分枯れて落ちていました。


同 接写


シラユキゲシ


同 接写


フリージア 細く長い茎に咲きました。






テッセン、又は クレマチス


同 接写


オダマキ 又は アキレギア


                                             以上 26枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

NO.272号 陶友の作品と杜の鍛冶屋作品。

陶友の作品

作 竹屋  大皿  径28cm 高2.5cm 見事な大皿。


作  同  茶碗   径9cm 高7.5cm  4客揃い、 色の仕上がりが何とも言えない美しさがあります。


作  同  茶碗   各径11cm 高11cm



作  越 美奈子  皿  径17.5cm 高3.7cm 黒を思い切って真ん中へ、珍しいデザインで見事。


作  同     径18cm  高3cm  先生と陶友が褒めた逸品。


作  允  鉢  径18cm 高8cm 紋様の面白さ。


作  同  裏面


作  同  鉢  径18cm 高8cm  思い切った奇抜なデザイン、お見事


作  丘  皿 ここへおかずを盛った風景を想像してください。美味しい楽しい食卓となるでしょう。


須藤雄一郎  長皿  秋刀魚用との事  9.5cmx26.5cm 4客揃い


作  杜の鍛冶屋  抹茶茶碗  径11cm 高7cm


作  同  茶碗  径11cm 高6cm


作  同  茶碗


作  同  茶碗  径9cm 高9cm


                                     以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

NO.271 若葉萌ゆ。

  桜が散ったと思ったら、あっという間に若葉の季節。歳月人を待たずと聞きますが、次々に花が咲きブログ屋が追いかけても間に合いません。
 然し花と同じで遅い記事は古新聞と同じで価値がありません。
  杜の鍛冶屋も寒い4月の春中に風邪を引き。20日間も寝ていました。新しい風邪で簡単には直らず、この老人も苦労しました。
 然し記事を遅らせまいとして、パソコンに向かい継続して来ました。

 柿若葉 隣家の柿大樹


自宅の小さな柿、樹齢9年


4軒隣のハナミヅキ


自宅のハナミヅキ


筋向かいの家の藤、車庫の上に咲いています。





近くの印刷屋さんの藤.3階上の屋上までの藤。花沢山で通行人を喜ばせてくれます。真ん中1階から2階にジャスミンが開花。
前の道路が狭く、ニコンに広角レンズを使用。








同家ジャスミン。


同家の花


日大通りで山吹が。


同アジサイが





都会では珍しく見る鯉のぼり。近くの農家で5月2日の好天無風のとき撮影。


モッコウバラの門


東京衛生病院前庭のツツジ




                        以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »