« NO.270号 安曇野の古民家 | トップページ | NO.272号 陶友の作品と杜の鍛冶屋作品。 »

2010年5月 3日 (月)

NO.271 若葉萌ゆ。

  桜が散ったと思ったら、あっという間に若葉の季節。歳月人を待たずと聞きますが、次々に花が咲きブログ屋が追いかけても間に合いません。
 然し花と同じで遅い記事は古新聞と同じで価値がありません。
  杜の鍛冶屋も寒い4月の春中に風邪を引き。20日間も寝ていました。新しい風邪で簡単には直らず、この老人も苦労しました。
 然し記事を遅らせまいとして、パソコンに向かい継続して来ました。

 柿若葉 隣家の柿大樹


自宅の小さな柿、樹齢9年


4軒隣のハナミヅキ


自宅のハナミヅキ


筋向かいの家の藤、車庫の上に咲いています。





近くの印刷屋さんの藤.3階上の屋上までの藤。花沢山で通行人を喜ばせてくれます。真ん中1階から2階にジャスミンが開花。
前の道路が狭く、ニコンに広角レンズを使用。








同家ジャスミン。


同家の花


日大通りで山吹が。


同アジサイが





都会では珍しく見る鯉のぼり。近くの農家で5月2日の好天無風のとき撮影。


モッコウバラの門


東京衛生病院前庭のツツジ




                        以上

|

« NO.270号 安曇野の古民家 | トップページ | NO.272号 陶友の作品と杜の鍛冶屋作品。 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NO.271 若葉萌ゆ。:

« NO.270号 安曇野の古民家 | トップページ | NO.272号 陶友の作品と杜の鍛冶屋作品。 »