« No.283号八ヶ岳でホテイランを見てきました | トップページ | NO.285号 陶友の作品 »

2010年6月13日 (日)

NO.284号 石像の彫刻作品

 皆様こんにちわ、私がブログを始めて間もなく2年になろうとしています。当初は自作陶芸品の展示が目的でした。しかし陶芸品はそう簡単に出来るものでは無く、資料集めに大層苦労していました。今ではお陰でその苦労から開放され沢山の資料が得られるようになりました。

 多くの方々がブログを志しても、飽きさせない資料の掲載となると、雑誌の編集同様難しいことに気付きます。
 お陰で皆様多くの方々の温かい御支持のお陰で、81歳の私がブログを継続できたことに心から感謝します。

 自分でもよく続けられたと思いますが、今日6月13日午後2時現在で、延べ25,334人の方々にご覧頂きました。今後とも宜しきご指導をお願いいたします。

 {註}画面の右の目次には月毎の目次がありますが、2年前からの古いものは見えません。これを見たければ一番古い目次の文章の末尾に前月を呼び出す案内がありますから、ご利用ください。

石像の彫刻
 私同様に陶芸教室に通っておられる 桐山ヱミ子さんが 石像の作者 です。(5月30日280号掲載の 陶製電気灯篭の作者です)
 女性の方が?と多くの方が驚かれると思いますが、15年前頃から日本画を習われる傍ら石像の彫刻にも挑戦された由です。或る石屋さんで芸大の彫刻の教授に偶然にお会いし、触発されたと伺いましたから、余程芸術に関する興味が深かったのでしょう。
 石像は一年に一個しか出来ませんし、出来た作品は公的な場所への寄付や知人への贈呈などで手持ちはあまり無いとの事でした。
 桐山さんの姪に漫画であまりにも有名な神尾葉子さんがおられます。既に海外でも有名な存在となりました。
 
 以下の石像の撮影は桐山さん方からの提供です。

三地蔵  各体高50cm 丸く長い石からの削りだったそうです。
この真ん中の地蔵尊が一番最初の作品。紐で縛ってあるのは転倒防止のため。


少女像  高60 cm 目方60 kg 女性に持てる目方ではないから製作中色々ご苦労があったと推定。


少女像 高50 cm


あきこ 作者のお嬢さん   高30 cm


あきこ 側面


親子3人 おんぶにだっこ。 高 50 cm 60 kg


上記上部拡大


母子二人


親子 展示会で  高50 cm


歩き疲れた遍路


少女と水鉢 展示会で 高 40 cm 幅 50 cm


特異な壁面をバックにしている作品は多分上野の美術館だと思います。
                                                       以上

|

« No.283号八ヶ岳でホテイランを見てきました | トップページ | NO.285号 陶友の作品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1042080/35240431

この記事へのトラックバック一覧です: NO.284号 石像の彫刻作品:

« No.283号八ヶ岳でホテイランを見てきました | トップページ | NO.285号 陶友の作品 »