2010年8月15日 (日)

NO.289号 水戸の墓地、杜の鍛冶屋の作品、陶友の作品

 水戸の保和苑に接して、広大な歴史的な墓地があることは先号で述べた。それをこれから書く。
ご承知のように水戸藩は御三家の一つではあったが、将軍職が回って来ることは無かった。御三家の配置は家康の周到な配慮であることは今更説明するまでも無い。

 御三家の内、紀伊と尾張は大納言であったが、何故か江戸に最も近いところの水戸は中納言であった。何故そこに差別をつけたのか?
 これは私の私見に過ぎないが、理由があったとしか思えない。そこに家康の周到な意思が有ったような気がする。

 もしも御三家が将軍継嗣をめぐり争うようなことが起これば、安泰の幕府が崩壊の危険に晒されるかも知れない。継嗣候補は二者にして置いた方が安全で、水戸は三番目の候補とされたのではないか?
 これは私の空想であるが、この措置が江戸時代の水戸藩の隠れた不満として受け継がれたような気がする。
 大日本史の編纂は、半ば幕府の批判であるのはそれが原因かも知れない。

 水戸藩の行動は屡反幕府の動きがあったように思える。万延元年(1860)桜田門外の変は時の政府を打倒するものであり、尊王攘夷の水戸藩は開国外交を進める幕政に対する大きな批判であったと思う。
 その点では水戸の感覚は、当時の世界的感覚に応じた西国の藩とは大きな隔たりに置かれたような気がする。

  その墓地に入ったところで先ず目についたのは、全く同じ小型の墓が整然と沢山並んでいたことであった。それは桜田門外の変と、水戸天狗党犠牲者の墓であった。天狗党とは水戸の尊王攘夷を旗印に東山道から北陸道にかけて賛成を求める運動に走った武士団で最後は皆落命したのだ。詳しいことは判らない。、
 人気者格さんの墓があった。彼は大日本史編纂の一委員であり、テレビに出るような派手な存在では無かった

 桜の木の下に見える墓の群れが、受難者のものである。



藤田東湖の墓 水戸学の大家。幽閉されたが、そこで大著をなし、多くの影響を残した。50歳で没。









墓石を覆うアジサイ。


桜田門外と天狗党の受難者の墓群。


墓地もアジサイだらけ。









杜の鍛冶屋の作品
以下の作品は6月頃のものです。撮影日と製作日には違いがあります。
茶碗 径10cm 高8.5cm


花瓶 径11.5cm 高15.5cm


馬上杯 径8.5cm 高11cm


茶碗 径9.5cm  高9.3cm


コーヒー茶碗



陶友の作品
6~7月頃の作品。
作  允  大皿 奇抜なデザイン。こういうのも楽しい。


作  同  大皿


作  不明  親豚子豚

                                以上

| | コメント (0)

2010年6月20日 (日)

NO. 286号 ブログ一時お休みのお知らせ。

多くの方に支持を頂き、継続して参りましたブログですが,この度都合により当分の間掲載を休ませて頂くことになりました。小生としても甚だ残念ですが止むに止まれぬ事情のため、勝手な措置でありますが、どうかご理解をお願い申し上げます。読者急増にも関わらずここでのお休みは無念に思いますが止むに止まれぬ事情のため、どうかご理解ください。何れ再度登板の意思で有ります。敬具。

| | コメント (1)

2010年6月14日 (月)

NO.285号 陶友の作品

陶友の作品

作 馬場 義男  新規に教室に入られた方です。始めて作られたカップでのお味は如何だったでしょう。

作  越 美奈子  平皿  単調な皿の中にそれを砕くかのような大胆な白釉の散らし方。ご立派。


作  同  平皿   名品と思います


作  同  大皿  掲載の都合で大きさが上と同じですが、こちらは大皿で迫力有り。


作  同  平皿   織部を加えたのでしょうか?綺麗ですね。


作  同  中皿   どうしたのか何とも微妙な輝きが出ています。


作  同  葉型大皿と子皿。大皿の左右は20cm余ありました。
光の当たり具合が難しく、皿の端は上に反り上がっています。熟練の技を感じます。


作  須藤雄一郎  小鉢  納豆用に最適と思いました。


同上横から


作   同   蕪皿  このような色合いの場合は背景を黒布にしたほうが作品が引き立つと思いますが、生憎持ち合わせがありませんでした。
作品は殆ど教室で撮影しますから思うようにはなりません。


作  岩下 春枝  茶碗  美しい模様が出ました、金箔かと思わせる丸いアクセント、これの有無で締りが違うと思います。


作  同  茶飲茶碗   上下とも見たこともない見事な紋様と思います。


作  杜の鍛冶屋  花瓶  高12.5cm  径10cm


作  同  抹茶々碗


                                以上

| | コメント (0)

2010年6月 3日 (木)

NO.281号 井上萬二先生個展一部収録、北斎筆 羽黒洞・木村東介蒐集品、近隣の花

井上萬二先生・銀座和光での個展の作品 2010年6月3日~19日(土)
続  既報 個展作品
白磁黄緑釉椿彫文壷  33x36cm 大きな壷です。最高の白磁粘土使用。



白磁菊彫文鶴首花瓶 32x36.5cm


白磁花形花器 23x33cm


以上3点とも大型です。会場で拝見すると素晴らしいです。


葛飾北斎 羽黒洞 木村東介 蒐集 これは1974年三越本店で展示販売されました。現在の持ち主は不明。
今から36年前ですから、今の価格とは桁が違うと思います。

 
 何んとも凄まじい中国の豪傑を描いた下絵と解説にあり、。海外から里帰りのものとある。北斎の才能が充分に開花
されているように感じる。

近隣の花
赤いバラ


























ピンクのバラ


黄色のバラ


白いバラ





カモミール


アジサイが咲き始めました。


アジサイ 外来種の花が増えて、多彩になりましたが、名前が判らず閉口します。


バイカウツギ


ヤマホロシ(ツルハナナス)(ナス科)


3軒隣の家の百合(スカシユリの系統)


百合


ニオイバンマツリ(ナス科)





パンジー


サルビア ホットリップス(シソ科)


パンジー


サルビア グアラニチカ(メドーセージ)(シソ科)


ヤマホロシ


賑やかで壮観


パンジー


ゼラニウム


モモイロヒルザキツキミソウ(アカバナ科)  なんと可憐な。


同 庭一面に。


サラサウツギ(ユキノシタ科ウツギ属)


ジギタリス


パンジー


ゼラニューム


テッセン(クレマチス)

                                              
                                             以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月30日 (日)

NO.280号 陶友の作品、杜の鍛冶屋の作品、バラの家。

陶友の作品
作  桐山  陶製電気灯篭  高27cm 径17cm
 この方は女性で、永い陶暦をお持ちです。中に電灯を入れ、ぼかしの紙で電球を覆う由。燃えない紙という物があることを初めて知りました。
この手の作品を陶芸で作られる方が多いのですが、その中でも素晴らしい作品と思いましたので、お願いして撮影しました。
 殊にアクセントが釉,つなぎの造形に巧に活かされています。


作  允  大皿  高7cm 径20cm


作  同  大皿  高7cm 径20.5cm


同上・真上から。 この方の作品の中で今まで拝見した限り最高の作品と思います。デザインと伊羅保の使い方が実に見事。


作  須藤雄一郎  大皿  急に新しいデザインとなりました。見事です。高4cm 径20cm


作・同


作・同


作・同


作・同



作  杜の鍛冶屋  抹茶茶碗  径11.5cm  高7.5cm


作・同上 側面


作・同  コーヒー茶碗    径(取っ手含む)12.5cm 高9cm


作・ 同    径12cm 高8cm



バラの家 杉並区桃井町を散歩していましたら道に面してバラいっぱいの家に遭遇しました。
撮影の了解を得ようとして門を見て呼び鈴探しても見当たりません。下を見たらAzuminoのローマ字が見えました。安曇野に関わりのある方か?と思いましたが、お会い出来ませんので聞くことも出来ません。撮影だけさせて貰いましたので掲載します。

入り口にAzuminoとあります。






































                                                  以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

NO.278号 井上萬二先生白磁展、陶友の作品

井上萬二先生白磁展 於・銀座和光本館6階和光ホール、2010年6月3日(木)~19日(土)
 
 昭和47年日本橋高島屋で有田焼祭りが盛大に開催されていました。
 その中で一際目立つ大きな壷が目に留り、夢中でそれを買いました。下の壷がそれです。今から38年前のことでした



 その作者は奇しくも私と同年同月生まれの井上萬二さんでした。私の43歳のときの出来事です。それから38年間に及ぶ交際が始まり、現在に及んでいます。氏は人間国宝となり、紫綬褒章、旭日中授賞を受け、国内とアメリカの大学教授を経て、毎年幾つものデパートで個展を開かれる存在となりました。
 今回先に掲載の通り銀座和光で個展を開かれますのでご案内する次第です。
 
 下の写真は個展カタログより転写3枚。

         白磁緑花紋紫牡丹麦彫文面取花器

                 白磁染紫花紋皿


                     白磁花器

作品の数は80余点に及びます。その美しさは作品を直に見ないと判りません。

陶友の作品

作  志村  水差し 作者は92歳女性、耳がよく聞こえ、眼鏡無しで新聞が読め、虫歯無しで毎日相当な距離の散歩が出来る超人です。
若い時は国体の選手だったそうです。俳句の作品を陶板に描き、陶友の尊敬を集めています。


作  允  花瓶  独創性のあるデザインで感心しています。2色だけでの配色で味を出されました。


作  須藤雄一郎  花瓶 徳利か花瓶か?聞き漏らしました。この方も80代半ばで矍鑠(かくしゃく)としています。沢山の素焼きに瞬く間に絵を描きますので驚きます。沢山の作品は友人に差し上げてしまうそうです。私の作品など欲しいと言って下さる方は居りません。


作  同  小鉢 このような小物が家庭用に喜ばれるのでしょう


作  同  ぐい飲み


作  同  ぐい飲み


作  越  美奈子  鉢  美しい鉢です。野菜サラダに似合うと思います。


作  同  小鉢 これには酒の肴が似合います。美味しくなります。


作  同  小鉢   同上 模様が面白いですね。真似が出来ません。



作  同  中皿  カレーが似合うと思いますが。赤が美しく出ました。


作  同  大皿  美しい織部の皿、食欲が増すでしょう。


作  同  大皿  上記同感


作  竹屋  小鉢  酒肴用ですか。透明釉と織部がよく融合と思います。


作  同  小皿 
これは蕎麦の薬味の葱用か海苔用に似合いますいね。葱に唐からしを掛けておけば蕎麦を美味しく召し上がれます。


作  同  角皿  面白い構図。傑作だと思います。


作  同  角皿  真上から。


作  岩下春枝  角皿   掲載・新人です。
 美しい紋様、私はこの作品を見たとき老練の人の作と思いましたが、ご本人が大層若い女性で驚きました。
作品の良否は年齢とは関係ないのでしょうか。


作  ふじの  花瓶  掲載・新人です。
形も紋様も独創的、花瓶は活ける花よりも派手ではいけないのが教室の先生の教えでした。この作品は正にピタリです。花が映えると思います。


作  杜の鍛冶屋  四重花瓶 三年前の作品です。作るとき下が重みで潰され苦労しました。


作  同  火炎土器  4年前の作品。新しいものを又作りたいです。

     
                             以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

NO.276号 自宅の花と陶友と杜の鍛冶屋作品

自宅の花

オルニソガラム


オダマキが殆ど開花しました。


同 拡大


エリカ


ワスレナグサ


雑草として扱われていますがなかなか美しいです。中学時代植物の先生が 「雑草」 という草は存在しませんと言われて感銘を受けました。ヒメジオン。


シソ科のラベンダー?


マユミ 秋になると可愛い実をつけます。今は花も小さく気がつかないほどです。


サンショウの若葉。早速小型擂鉢で山椒味噌を作り豆腐を焼き、豆腐田楽をつくり美味しく頂きました。



陶友の作品
作  須藤雄一郎  皿 亀



作  同  皿  蟹


作  同  大皿  アジサイ


作  同  皿  鮎


作  同  皿  フグ



作  杜の鍛冶屋  抹茶茶碗


作  同  側面


                                    以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

NO.272号 陶友の作品と杜の鍛冶屋作品。

陶友の作品

作 竹屋  大皿  径28cm 高2.5cm 見事な大皿。


作  同  茶碗   径9cm 高7.5cm  4客揃い、 色の仕上がりが何とも言えない美しさがあります。


作  同  茶碗   各径11cm 高11cm



作  越 美奈子  皿  径17.5cm 高3.7cm 黒を思い切って真ん中へ、珍しいデザインで見事。


作  同     径18cm  高3cm  先生と陶友が褒めた逸品。


作  允  鉢  径18cm 高8cm 紋様の面白さ。


作  同  裏面


作  同  鉢  径18cm 高8cm  思い切った奇抜なデザイン、お見事


作  丘  皿 ここへおかずを盛った風景を想像してください。美味しい楽しい食卓となるでしょう。


須藤雄一郎  長皿  秋刀魚用との事  9.5cmx26.5cm 4客揃い


作  杜の鍛冶屋  抹茶茶碗  径11cm 高7cm


作  同  茶碗  径11cm 高6cm


作  同  茶碗


作  同  茶碗  径9cm 高9cm


                                     以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

NO.263 Love Some Body の店、蜂蜜専門店、杜の鍛冶屋と陶友の作品。

ポルトガルの品を扱うお店
教会通りに以前からある店、今回初めて訪問しました。見慣れないポルトガルの陶器が店内に飾ってあったからです。この店も個性豊かな店でした。


教会通りから店頭を撮影。綺麗なお店でした。



異国情緒タップリのこの焼き物に見とれました。ポルトガルのものだそうです。





右のパンも焼き物。


各種のタイルが沢山。


多種の布が。


楽しそうな焼き物の人形が。


蜂蜜専門店 ラべイユ
蜂蜜以外の自然食品も扱いますが、蜂蜜の有名店です。同じ教会通りから新築の店に4月初めに引越しました。
鉄筋の3階建です。今まで何度も新聞や雑誌に紹介されました。我が家もここで買っています。
 




引越し以前のお店、自然食品も扱います。


陶芸作品
作  杜の鍛冶屋  壷   同じ壷の2面を撮影大分大きいです。径18.5cm 高27cm 
絵の具は赤、黒、白を使いました。黄色の部分は黒を薄めにするとこうなります。


作  杜の鍛冶屋  抹茶茶碗 左 径11cm 高7cm  右 径11.5cm 高7.5cm

二つ共四季彩の店で私が気に入り買ったものです。

上記右の側面です。


作  允  花瓶   径11x10cm 高18.7cm   独創的なデザイン、こういうのが好きです。
  以上

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年3月23日 (火)

NO.258号 陶友の作品、島田哲夫の蘭、春爛漫

陶友の作品
作  石川由起子  花瓶  径20cm 高15cm
圧倒される迫力。類を見ない独創的な構成。素晴らしい作品。
この方は絵と陶芸で個展を開かれます。


同裏面



作同  ギターを弾く少女  幅10cm 高13cm



作同 はて?持っているのは何でしょう。聞き漏らしました。



作同  少女



作  蛍  お地蔵様(蝋燭が中に入ります、首筋の穴が排気口)入り口に立つのは仏像。
 高10cm 幅8cm 奥行き7cm  ユウモラスな楽しい発想の作品。



島田哲夫の蘭 何年もかけて栽培した結晶です。Onc_sanderae
Onc.sanderae(オンシジューム サンデラエ)
02/07/28 Nikon COOLPIX990にて撮影

オンシのパピリオに似た花です。1996年に大場蘭園で苗を購入。6年かかってようやく初花です。冬場に高温の我が家に適していたのでしょう。
しかし、この写真を最後に、株は元気なのですが、2010年まで一度も咲いたことがありません。不思議です。

Onc_micropogom11_2
Oncidium micropogom(オンシジューム ミクロポゴン)
08/07/05 Canon EOS Kiss Digital X+SIGMA50mmマクロにて撮影
この株は大変強健ですが、小さく株分けをしたため、枯れてしまいました。
株が小さいわりに大きな、不思議な形の花が咲きます。

Paph_green311_2
Paph.Claire De Lune 'Edgard Van Bell'×Paph.Maudiae(パフィオペディラム クレア ドゥ ルネ 'エドガード バン ベル×パフィオペディラム モウディアエ)
08/01/19 Canon EOS Kiss Digital Xにて撮影
この蘭は、湘南台のヒロタインターナショナルフラワーにて購入したもの。両親に比べて劣るので、RHSには未登録だろうと思いますが、なかなか良い花が咲くと思います。
大変強健です。

Paph_henryanum_200811_2
Paph.henryanum(パフィオペディラム ヘンリアナム)
2008年09月24日 Canon Eos Kiss Digital X+SIGMA50mmマクロにて撮影

渥美半島にあるスズキ蘭園から通信販売で購入。購入した時に既に蕾がついていましてそれが咲きましたので写しました。2009年から2010年にかけてはまだ花が咲きません。

Hellas_icecastle111_2
Paph.Hellas 'Brown Eyes'×Ice Castle 'White Gem'(パフィオペディラム ヘラス 'ブラウン アイズ×パフィオペディラム アイス キャッスル 'ホワイト ジェム')
2010年1月29日撮影

この株は、東急本店での蘭展でTokyo Orchids Nurseryから開花中のものを購入しましてそれを写したものです。

Black_paph111_2_2
Paph.(Impulse'#12'×Hsinying Rocket'Blood Ruby' BM/TPS) パフィオペディラム
2009年06月05日 Canon Powershot G10にて撮影

ヒロタインターナショナルフラワーで花付き株を購入して、それを写したものです。グロテスクな黒色ですが、何故か惹かれるものがありました。2010年3月には蕾が大きくなっています。

2010_2_25_paph_insigne11_2
Paph.insigne(パフィオペディラム インシグネ)
2010/02/25撮影 Canon EOS Kiss Digital X+SIGMA 70mmマクロにて撮影

09年には開花しなかったので、より小さい鉢に植えたら今回ようやく開花しました。原種です。



春爛漫 自宅の花 (あんず)の花が枝を埋めつくして。 後方の若葉はカリン。



春の花を花屋から買ってきて植えました。左の赤い大きな花はアネモネ、後ろの背の高い赤い花はファイヤーヒース・ピンク。鉢は2年前の自作。



鉢は2年前の自作。有田のトンバイ塀からヒント。桃色はペチニア、後方はミント。



塀際の赤いシンビジュウムが開花し始めました。全開したら又掲載します。花が寝ていましたので後で支えの棒をつけました。


一部拡大


近隣の花





椿


ボケ 同じ木に紅白の花が。


レンギョウ 韓国の国花。韓国で見たときは美しさに感動しました。


梨の花


雪柳





アネモネ


アネモネ


                          以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧